このエントリーをはてなブックマークに追加←こちらの記事を「はてブ」して頂ける嬉しいです!
おすすめ記事

新宿のレトロカフェはレベルが高すぎ!おすすめのカフェ9選!

新宿 珈琲タイムス

新宿のレトロなカフェはレベルが高すぎる!おすすめレトロカフェ9選!

今回は、レトロカフェ好きの私がおすすめしたい新宿にあるカフェ9店を紹介します。

新宿はカフェの宝庫で今どきのおしゃれなカフェから、昔ながらのレトロなカフェまでたくさんあります。
特徴としては、庶民的な入りやすいカフェだけでなく、いわゆる高級店に分類されるカフェも多いところです。

高級店と言っても、カフェなので1回の訪問で5千円、6千円と掛かる訳ではないですが。
でも、コーヒーが1,000円近くするお店もあります。

もちろん、1杯500、600円くらいの一般的な価格のレトロカフェもたくさんあります。

ただ、いずれのカフェもレベルの高くて、どこに行けば迷ってしまう方も多いです。

もし新宿でレトロなカフェをお探しの方は、ぜひこちらの記事を参考にして頂ければ幸いです。
必ず新宿の素晴らしい喫茶店文化を堪能できるはずです!

【新宿5丁目】カフェ アルル

カフェ「アルル」は新宿5丁目エリアにある1978年創業の老舗カフェです。
アルルの外観
こちらのカフェは猫がいることでも有名で、猫目当てで訪れる方も多いいです。

もちろん、コーヒーや料理も美味しくて、おすすめしたいのはナポリタン。
優しい味のナポリタンで、アイスコーヒーと合わせるのがおすすめです!

JR新宿駅からだと徒歩10分と少し歩きますが、新宿三丁目駅からだと5分程です。
可愛い猫が待ってくれているので、ぜひ一度訪れてみて下さい!

【新宿御苑】喫茶店ドム(DOM)

次に紹介するのは、カフェ・テラス「ドム(DOM)」です。
新宿 ドム(DOM)

新宿御苑の近くにある昭和レトロな雰囲気が堪らないカフェで、洋食メニューサイフォンコーヒーを楽しめるお店となっています。
特に、1日限定5食の自家製煮込みハンバーグがとても気になるカフェです。

近隣の会社に勤めているサラリーマンや地元民などに人気のカフェですが、一人でふらっと入るのもOK!
昔から商店街に根差しているといったカフェで、こちらもおすすめの新宿レトロカフェです。

【新宿駅西口】珈琲ピース

珈琲ピースは、新宿駅西口の小田急ハルク1階に入っている駅近のカフェです。
新宿 珈琲ピースの外観
店内は広くて席数も多いですが、場所がらいつも混んでいることが多いです。

客層はサラリーマンや年配の方も多いですが、大学生くらいの若者や女性客も見かけ、気軽に入れるカフェです。

スパゲティやサンドイッチ、ケーキなども揃っているので、ランチだけでなく休憩にもおすすめのカフェです。

私のおすすめは、昔ながらの王道ホットケーキ
メープルシロップをたっぷりと掛けて食べるのがおすすめです!
新宿 珈琲ピースのホットケーキとホットコーヒー

【新宿駅西口】但馬屋珈琲店 本店

新宿駅西口の「思い出横丁」にあるカフェです。
但馬屋珈琲店 本店の外観
1964年創業の純喫茶「エデン」を前身とする老舗カフェで、創業者が兵庫県の但馬出身ということで「但馬屋珈琲店」という店名になったそうです。

おすすめは、あんこがぎっしりと詰まっているどら焼きとコーヒーがセットになった「どら焼きセット」。
甘いあんことしっとり生地の相性が抜群の美味しいどら焼きを頂くことができます。

もちろん、どら焼き以外もあるので、気になる方はぜひ一度訪れてみて下さい。

【新宿三丁目】珈琲タイムス

新宿三丁目エリアにある1967年創業の老舗カフェで、昭和にタイムスリップしたようなお店です。
新宿 珈琲タイムス
「珈琲タイムス」という店名が既に昭和レトロな雰囲気を感じさせてくれますね。

こちらのお店もおすすめはボリュームのあるナポリタン。
まさに喫茶店の王道ナポリタンという味と見た目で、コーヒーとの相性も抜群です。
ナポリタン

客層としては、場所がらサラリーマンの方が多いですが、若者や女性客も見かけます。
ゆったりとした空間で入りやすいお店になっています。

【新宿三丁目】珈琲貴族エジンバラ

次に紹介するのは、カフェとしては珍しい24時間営業の超有名店「珈琲貴族エジンバラ」です。
珈琲貴族エジンバラの外観
新宿三丁目エリアに佇んでいるカフェで、新宿でも高級カフェの部類に入るお店です。
ブレンドが1杯950円もするので少し敷居が高いように思いますが、意外にも若い方も多くて入りやすいカフェです。

もちろん、珈琲貴族という名の通り、店内の装飾はきらびやかで、高級感のある作りになっています。
また、Wi-Fi電源もあるのでPCを出してリモートワークするのにも便利です。

少しお値段が張りますが、コーヒーも食事もめっちゃ美味しいおすすめカフェになっています。

【新宿三丁目】名曲・珈琲 新宿 らんぶる

「名曲・珈琲 らんぶる」も新宿三丁目エリアにあるお店で、創業1950年の老舗カフェです。
新宿 らんぶる 入り口
「珈琲貴族エジンバラ」と同じく高級店に分類されるカフェですが、休日になると入店待ちの行列ができるほどに人気のお店です。

「名曲・珈琲」の名の通り店内は常にクラシック音楽が流れていて、優雅な雰囲気に包まれています。
また、店内は広くて地下に降りると200席もある空間が広がっていて、異質な感じのするカフェになっています。

こちらのカフェでぜひ食べて頂きたいのが「卵とツナのサンドセット」。
新宿「らんぶる」の卵とツナのサンドセット
卵サンドとツナサンド、コーヒー、サラダがセットになっているメニューで、私の人生の中で最も美味しい卵サンドとツナサンドと言っても過言ではない美味しさでした。

休日や昼時はいつも混み合っているので、昼時を避けて訪れるのがおすすめです。
皆さんもぜひ一度訪れてみて下さい。

【新宿三丁目】珈琲西武(Coffee西武)

こちらも1964年創業の老舗カフェです。
西武珈琲のショーケース

店内は広く200席以上もありますが、駅から近いということもありいつも混み合っています。
それに、Wi-Fiと電源が完備しているので、パソコンを取り出して作業をされている方も多いです。

こちらのお店のおすすめは「プリン・ア・ラ・モード」。
アイスとポッキーが突き刺さっている見た目にもインパクトのある人気メニューになっています。
プリン・ア・ラ・モード
SNS映えもしそうで、誰かとシェアしながら食べると楽しそうですね。
人気メニューにもなっているので、皆さんも一度注文してみて下さい。

他にもデザートから洋食メニューまでたくさん揃っているので、気になる方は一度訪れてみて下さい。

【新宿駅東口】自家焙煎珈琲 凡(ぼん)

最期に紹介するのは、新宿駅東口エリアにある超高級カフェ「凡(ぼん)」です。
凡の外観
苺ショートケーキとブレンドコーヒーを注文すると2,600円以上にもなる驚きの価格になります。

ただ、それだけこだわられたケーキとコーヒーで、人生で一度は訪れてみて欲しいカフェです。

因みに、苺ショートケーキは幻のショートケーキとも言われています。
というのも、1日に16ピースのみの販売、しかも新鮮なイチゴが手に入らなければ作られないという超貴重なショートケーキになっています。
苺のショートケーキ
1ピース1,600円になりますが、サイズも大きくて本当に美味しいショートケーキになっています。

ブレンドコーヒーも1,000円以上しますが、コーヒーポッドに入って提供され、2杯分の量はあります。

まとめ

今回紹介したのは、新宿のレトロカフェ9店です。
新宿のカフェは全体的にレベルが高くて、少し高級な価格帯のお店も多いです。

今回紹介したカフェだけでなく、実際に新宿に足を運んで散策してみるとまだまだ多くのカフェに出会えそうな街です。

皆さんもぜひ一度新宿のレトロカフェ巡りをしてみて下さい。
絶対に楽しい一日になるはずです!

こちらの記事を「はてブ」して頂ける嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加