こちらのサイトはブログランキングに参加しています。
こちらの2つのボタンをクリックして貰えると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へカフェ・喫茶店ランキング
グルメ

【新宿】但馬屋珈琲店は「思い出横丁」にある雰囲気抜群の老舗喫茶店!

但馬屋珈琲店 本店の外観

【新宿】自家焙煎のカフェ「但馬屋珈琲店 本店」へ

今回紹介したいのは、新宿駅西口・思い出横丁の入り口のすぐ隣にある「但馬屋珈琲店 本店」です。

新宿西口思い出横丁
この「思い出横丁」と書かれた看板のすぐ隣りにあります。

本店の外観
但馬屋という店名は、創業者の方の出身地、兵庫県但馬地方に由来しているらしく、但馬の豊かな土壌で育った「美方大納言小豆」が有名なエリアです。
※こちらのお店で「美方大納言小豆」が使われているかは分かりません。

店内は撮影禁止なので写真はありませんが、カウンター席とテーブル席があります。
カウンターの奥にはコーヒーカップが並んでいて、いわゆる純喫茶という雰囲気です。

1階は少し狭くて席数が少ないのが残念ですが、昭和レトロな雰囲気をそのまま残し、今どき、喫煙OKという昔ながらのスタイル。
この変わらないスタイルが好きで、新宿を訪れる際には時々立ち寄る喫茶店です。

因みに、私はいつも一人で訪れているので1階のカウンターに座ります。
ですが、2階にもフロアがあるので、席数はそこそこあると思います。

但馬屋珈琲店は1987年(昭和62年)に開店した喫茶店ですが、お店の前身となっている純喫茶エデンは1964年(昭和39年)です。
エデン時代から合わせると創業から55年以上にもなる老舗喫茶店です。

新宿は老舗喫茶店の宝庫で、昔ながらのレトロな喫茶店が多いのが特徴です。
但馬屋珈琲店もその一つで、ぜひ一度訪れて頂きたい喫茶店です。

おすすめは「どら焼きセット」

私が好きなのは「どら焼きセット」1,150円です。
但馬屋珈琲店のどら焼きセット
粒もしっかりと残っていて、甘くて美味しいあんこがぎっしりと入っています。
そして、生地はしっとりとしていで、甘いあんこともよく合います。

王道のどら焼きという感じですが贅沢な一品となっていて、甘いモノ好きには堪らない逸品です!

さらに、隣に添えられた生クリームをたっぷりと付けて口の中に入れると、あんこの甘さが少し柔らかくなり、さらに美味しくなります。
このどら焼きを頂きながら、合間でコーヒーを飲む!最高の瞬間ですね!

因みに、こちらのどら焼きは新宿の老舗甘味処「時屋」さんとコラボして開発されたメニューです。

アイスコーヒーは、味が濃くて苦みもしっかりとあり、大人の味のコーヒーです。

こちらの喫茶店は、喫煙OKということもあるのですが、雰囲気もコーヒーも大人のための喫茶店という感じになっています。
新宿に行かれる際には、ぜひ但馬屋珈琲店さんにも立ち寄って下さい。

「横丁サバラン」も大人のスイーツでおすすめ

思い出横丁をイメージして作られたという「横丁サバラン」もおすすめです!
但馬屋珈琲店の横丁サバラン
横から見るとこんな感じです。
但馬屋珈琲店の横丁サバラン
上から見ると、ツルツルテカテカしています。
但馬屋珈琲店の横丁サバラン

真ん中から割ってみると、中にはクリームとパイナップルも入っています。
但馬屋珈琲店の横丁サバラン
全体的に甘みと酸味のある大人な味のスイーツです。

そして、おすすめなのが「コーヒー蒸留酒」。
コーヒー蒸留酒
この「コーヒー蒸留酒」をかけるとお酒のいい風味も加わり、さらに美味しくなります。

私はあまりお酒は得意ではないので少しだけ掛けていただきました。
ですが、お酒が好きな方はたっぷりと掛けてみてください。

但馬屋珈琲店本店の店舗詳細・アクセス

【店名】但馬屋珈琲店 本店
※新宿には小田急店(小田急百貨店本館7階)と新宿南口店にも店舗があります。
店舗情報 → 但馬屋珈琲店 店舗情報
【住所】〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目2−6
【アクセス】新宿駅西口より徒歩3分
【営業時間】10:00~23:00(ラストオーダーは22:30)
【連絡先】03-3342-0881
【定休日】元旦
【喫煙】全席喫煙可
【クレジットカード】不可
【電子マネー】交通系のみ利用可

ホームページ:https://tajimaya-coffeeten.com/
インスタ:https://www.instagram.com/tajimayacoffeehouse/
ツイッター:https://twitter.com/tajimaya_coffee/

↓こちらの記事を「はてブ」して頂ける嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加