グルメ

カフェルセットの究極のフレンチトースト!鎌倉で過ごす贅沢な時間におすすめ!

パンスイーツ専門カフェ「cafe recette 鎌倉」のフレンチトースト

パンスイーツ専門カフェ「cafe recette 鎌倉」

今回紹介するのは鎌倉 長谷にあるカフェ「cafe recette 鎌倉(カフェルセット)」さんです。
日本で唯一のパンスイーツ専門店らしく、最高級の美味しい食パンを使ったメニューが有名です。

確かに”パンスイーツ専門店”なんて聞いたこともないので日本で唯一のお店なのかもですね。

で、使用されている最高級食パンというのがrecetteの「@butter(アットバター)」で、インターネット通販で購入すると2,500円(税込み2,700円)もする高級品です。
発酵バターを贅沢に練り込んだ食パンで、目の詰まったしっとりとした食パンらしいです。

こんなもの使っていれば美味しいに決まっていますね!

で、お店の場所は住宅街の入り組んだ中にあるので、ちょっと分かりにくいです。
長谷駅を降りてから徒歩5分くらいと直ぐの場所にはありますが、迷わず真っすぐたどり着けるようにGoogleマップにお世話になることをおすすめします。

入り口はこちら。
「cafe recette 鎌倉」の入り口
民家を改装したような建物ですね。

お店の前にはメニューも置かれていました。
「cafe recette 鎌倉」の看板メニュー
食パンを使ったメニューがメインですが、この時期はかき氷もやられているんですね。

中に入ると下駄箱が置いてあるので、靴を脱いで上がります。
玄関
奥の障子を開けるとカフェスペースになっています。

空いている席に座り、この日はめっちゃ暑かったので、まずは一休みします。
店内は広くはないですが、テーブル同士の距離も取られていて天井も高いので、落ち着く空間です。
「cafe recette 鎌倉」の店内
天井にはプロペラも回っていて、なんかオシャレですね。
「cafe recette 鎌倉」の天井

私が訪れ時には、20代後半くらいのカップル、若い2人組の女性、中年くらいの女性客1人、に私と、年齢層はバラバラですね。
でも、店内の雰囲気はオシャレなカフェで、休日になると若い方たちでいっぱいになりそうです。

おすすめは「究極のフレンチトースト」

一休みした後は、まずはメニューをチェック。
と言っても、食べたいのはこちらの2択。
究極のフレンチトースト
究極の食事系フレンチトースト
究極のフレンチトースト」と「究極の食事系フレンチトースト」です。

どちらも値段は一緒で迷うところですが、今回はやはりスイーツおじさんらしく、甘い「究極のフレンチトースト」にしました。
値段はドリンクとセットで1,700円(税込みで1,870円)です。
※単品だと、1,400円(税込みで1,540円)です。

「究極のフレンチトースト」は1枚1枚焼いているので調理に時間が掛かるとのことで、20分程お待ち下さいとのことでした。

5分程待っていると、先に出てきたのはセットで注文したアイスコーヒー。
アイスコーヒー
苦みもありますが、すっきりとした美味しいアイスコーヒーでした。

さらに、10分程待っているとお待ちかねの「究極のフレンチトースト」が出てきました。
※20分も掛かりませんでしたね。良かったです!
究極のフレンチトースト
「究極のフレンチトースト」という名前にふさわしく、今までに見たことのないような破壊力抜群の見た目です。
分厚く切られたトーストの上にアーモンドがぎっしりと敷き詰められていて、真ん中には細かく砕いたピスタチオがたっぷりと乗っています。

少しカメラを近づけてもう一枚。
究極のフレンチトースト
真横からも一枚。
究極のフレンチトースト
真横から見ると、その分厚さがよく分かりますね。

上からも一枚。
究極のフレンチトースト
本当にアーモンドがぎっしりです。
そして、表面はキャラメリゼされていて、これがまた食欲をそそります。

この真ん中に乗っているピスタチオも、見た目に彩りを加えてくれるのでいいですね。
究極のフレンチトースト

で、味はというと、まず表面はキャラメリゼしてあるので、甘くてパリパリとした食感を楽しめます。
さらに、スライスしたアーモンドがたっぷりと敷き詰められているので、アーモンド独特の食感と香ばしい香りが加わり、最高の美味しさです。

食パンは分厚く切られていますが、中までフワフワで、まるでプリンのようです。
と、プリンというのは大げさかもですが、卵と牛乳が中までしっかりと染み込んでいてトロトロ滑らかで、形がしっかりとしていました。
中はこんな感じです。
究極のフレンチトースト
どう表現すれば伝わるのか難しいのですが、私がよく知っているフレンチトーストのような牛乳が染み込んだ柔らかさとは違いました。
フワフワしていますが、ナイフを入れても形が崩れずスッと切れて、弾力のあるフレンチトーストでした。

普段あまり聞きなれないのでよく分からないんですが、平飼い卵と牛乳で作ったアパレイユというモノに、食パンを一晩浸けこんでおくらしいです。
それから片面ずつ低温でじっくりと焼き上げるので、こんなに濃厚で美味しいフレンチトーストになるようですね!

横に添えられている生クリームもフワフワで、フレンチトーストにたっぷりと乗せて食べるのがおすすめです!

で、このフレンチトーストの贅沢な点がもう一点。
キャラメルメープル」と「ハニーソルト」という2種類のシロップが用意されています。
キャラメルメープルとハニーソルト

普通の店だと、こういう場合にはメープルシロップのみ、もしくはハチミツのみなので、これは楽しみが倍増します。

まずは、キャラメルメープルを掛けて頂いてみます。
キャラメルメープルを掛けたフレンチトースト
キャラメルのコクと風味、甘さが加わり、ただでさえ甘いフレンチトーストがさらに甘くなってしまいました。
しかも甘さが濃いです。ずっと口の中に入れっぱなしにしておきたいくらいの美味しさです。

このキャラメルメープル、私の家にも1本欲しいです。
常備しておきたいです!

次は、ハニーソルトをたっぷりと掛けてみます。
ハニーソルトを掛けたフレンチトースト
こちらはあっさりとした甘さで、しつこくなく、食べやすかったです。
でも、塩分が入っているためか、甘さが引き立っていて、キャラメルメープルとは違った甘さでした。

ちなみに、使われているハチミツは、恐らくレンゲかアカシア辺りのハチミツではないかと勝手に想像しています。

これは本当に美味しいフレンチトーストでした。
食パンも分厚く手食べ応えがあり、これ1枚でもかなりお腹がいっぱいになりました!

ぜひ多くの方に食べて頂きたい逸品でした!

フレンチトーストには「ラスク」も付いてきます。
ラスク
甘さが無いので、最後のお口直しにピッタリです。
サクサクしていて食べやすかったです。

あとは、最後に残ったアイスコーヒーを飲み干して口の中をさっぱりさせて終了です。
本当に美味しかったです。

因みに、後で調べて知ったのですが、こちらの「究極のフレンチトースト」は「嵐にしあがれ!」でも紹介されたようですね。
私が訪れたのが平日の昼過ぎだったので並ばずには入れただけで、実は待たないと入れないかなりの人気店だったようです。

ただ、お店に受付システムが置いてあるので、そこで受付を済ませると、中に入れる大体の時間を教えて貰えるようです。
その時間に合わせて戻ってくればいいので、その間に観光なんかも楽しめますね。

こちらの店はインスタにも写真をアップしています。コメント、イイネを貰えると嬉しいです。フォローして貰えるともっと嬉しいです!

最後に

カフェルセット(cafe recette 鎌倉)さんの「究極のフレンチトースト」、これは本当におススメです。
最高級パン専門店の「ルセット(recette)」の食パンを使用されていて、本当に美味しいフレンチトーストを頂くことができて、贅沢な時間を過ごせました。

というか、ルセット(recette)さんが運営されているカフェが、カフェルセット(cafe recette)さんというのが正しいようですね。

ルセットさんと言えば高級食パンブームの先駆けでもあり、全国的にも有名なお店です。
もしルセットさんの食パンが気になるようであれば、通販サイトでも購入できます。
ONLINESHOP | recette

カフェの建物は、大正時代に建てられたという古民家を改装して利用されていて、とても趣があります。
店内も温かい雰囲気で、天井が高い為か解放感もあり、居心地も良かったです。

また再訪したいですね!

店舗詳細

【店名】パンスイーツ専門カフェ cafe recette 鎌倉(カフェ ルセット カマクラ)
【住所】〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下22−5
【アクセス】江ノ島電鉄 長谷駅より徒歩5分
【連絡先】0467-38-5700
【営業時間】平日 9:30~16:00 / 土日祝 8:30~16:00
【定休日】無休
【座席】18席
【駐車場】無し ※近くにコインパーキングあり
【クレジットカード】可 ※電子マネーも利用可
【ホームページ】http://cafe-recette.com/
【インスタ】https://www.instagram.com/caferecettekamakura/

アクセス

【住所】神奈川県鎌倉市坂ノ下22-5 / 【最寄り駅】江ノ島電鉄「長谷駅」より徒歩5分