グルメ

鎌倉大仏近く!浮(ブイ)のブラックペッパー入りナポリタンは絶品!

【鎌倉】浮(ブイ)のナポリタン

【鎌倉長谷】昭和55年創業!レトロな洋食屋さん「浮(ブイ)」

先日、長谷駅から高徳院(鎌倉大仏)まで続く道を散策している時に見つけた洋食屋「」の紹介です。
読み方は「ブイ」というらしいです。
浮(ブイ)の外観
※長谷駅から高徳院方面へ歩いていくと、左側の歩道にあります。

このお店に入ろうと思ったの理由は単純で、入り口の看板にナポリタンの文字があったから!
浮(ブイ)の看板
ナポリタンという文字を見たら気になって仕方ないのがナポリタンおじさんのサガです。

ちょうど店員さんが外で掃除されていたので、「今日空いていますか?」と取り合えず声を掛けてから入店。
「空いている席にどうぞ」ということだったので、一番居心地の良さそうだった奥の席へ。

一応メニューをチェックしてから、お決まりのナポリタン(1,100円)アイスコーヒー(650円)を注文しました。

注文したメニューが出てくるまで少し時間があったので、店内の雰囲気を堪能。
昭和レトロを感じられる素晴らしい雰囲気です。
浮(ブイ)の店内
浮(ブイ)という名前だけあって、やはり海に浮かぶ船をイメージされているのかもですね。
浮(ブイ)の店内
天井までイメージを統一されています。
浮(ブイ)の店内

因みに、こちらのお店は昭和55年創業。
私と同じ年になるので、それだけでも勝手に親近感を持ってしまいます。

美味しいアイスコーヒーとナポリタンを堪能

先に出てきたのはアイスコーヒー。
アイスコーヒー
陶器の可愛らしいコップに入って登場です。
大き目の氷が1つ入っていて、こだわりコーヒーという感じですね!

苦みは少しある程度で、香ばしさとコクを感じられる美味しいアイスコーヒーでした。

で、アイスコーヒーを飲みながら待つこと数分。出てきました!ナポリタンです!
ナポリタン
美味しそうですね。量は普通で、多くもなく、少なくもなく、といった感じです。

ナポリタンだけで一枚。
ナポリタン
もう少しアップで一枚。
ナポリタン
よく写真を見て貰えばわかるのですが、ブラックペッパーの粒が結構入っています。

実際に食べてみると、ブラックペッパーの味がしっかりと利いていました。
ナポリタン自体は王道のケチャップですが、ブラックペッパーが入ることでケチャップの甘みが引き締まる感じです。

始めて食べる味のナポリタンですが、このブラックペッパーが利いたナポリタン、かなり美味しいです。

具材はトマト、玉ねぎ、ピーマン、ベーコンです。
ここにマッシュルームが入っていれば完璧なんですがね・・・

それはいいとして、ピーマンの苦みや玉ねぎの甘み、そして野菜のシャキシャキとした食感がナポリタンにいいアクセントを加えてくれます。
トマトは酸味があり、これもナポリタンの味をさらに引き立たせてくれます。

途中で粉チーズも投入です。
粉チーズを掛けたナポリタン
味が少しマイルドになり、チーズの風味や旨味も加わるので、また別の美味しさになります。

今回も美味しいアイスコーヒーとナポリタンに出会えてよかったです!
特にナポリタンは、また頂きたい逸品でした!

一応、他にも美味しそうなメニューがありました。
浮(ブイ)のメニュー
カレーやピラフ、ハンバーグステーキ、生姜焼きなど美味しそうなメニューが揃っています。
他のメニューも頂いてみたいですね!

因みに、外観や店内の雰囲気をみると喫茶店のように見えますが、洋食屋さんです。
洋食メニューが揃っていておススメのお店なので、ぜひ一度訪れてみて下さい。

最後に

今回頂いたのは、鎌倉の長谷駅から歩いて4分程の場所にある「浮(ぶい)」さんのアイスコーヒーとナポリタンです。

どちらも美味しかったですが、特にナポリタンはブラックペッパーが利いていて、他のお店のナポリタンとは違った美味しさでした。

店内は昭和レトロな雰囲気で、広くはないですが、居心地の良さを感じられるお店でした。
店員の女性と料理を作られている年配の女性が2人で切り盛りされているようです。

こういう昔からやられているお店というのは、その時代も感じられるのでいいですね!

こちらの店はインスタにも写真をアップしています。コメント、イイネを貰えると嬉しいです。フォローして貰えるともっと嬉しいです!

店舗詳細

【店名】浮(ぶい)
【住所】〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3丁目8−7
【アクセス】江ノ島電鉄 長谷駅より徒歩4分
【連絡先】0467-22-0110
【営業時間】-
【定休日】毎月 第1水曜・第3水曜
【座席】20席程度
【駐車場】無し ※近くにコインパーキングあり
【クレジットカード】不可