このエントリーをはてなブックマークに追加←こちらの記事を「はてブ」して頂ける嬉しいです!
多拠点生活(ADDressLife)

ADDress「三浦B邸」に滞在中!快適な拠点でリモートワークにも観光にもおすすめ!

ADDress三浦A邸の外観

【ADDress】三浦B邸

現在、ADDressの三浦B邸に滞在中です。
おととしの12月に三浦A邸に滞在していた時には、まだB邸は無かったので、ADDressとしては比較的新しい拠点ですね。

で、今回「三浦B邸」を訪れた目的は、リモートワーク観光です。

拠点の場所はバス停「三崎東岡」から徒歩数分ですが、三崎観光の拠点となるバス停「三崎港」からも徒歩で10分もかかりません。

三崎港まで行けば観光スポットもありますし、三崎名物の美味しいマグロを食べることができるお店もたくさんあります。
カフェもたくさんありますし、「うらりマルシェ」に行けば美味しいお魚や三浦半島で収穫された三浦野菜も手に入ります。

「うらりマルシェ」のそばからは、水中観光船「にじいろさかな号」も出ていますし、城ケ島へ渡るための渡し船「さんしろ」も出ています。
天気が良ければ、カメラを持って散策するのもいいです。

観光に最適ですね!

それに、拠点も広くて静かなのでとても過ごしやすいです。
※騒音については事前に1点だけ連絡があったのですが、私の滞在中には特に気になることはありませんでした。

ただ、Googleマップで拠点の場所を検索すると正しくたどり着くことができません。
実際にGoogleマップで検索して移動してみると、なぜか駐車場の中にたどり着きました。

前日メールに記載されている「予約詳細」ページの「入室情報」に詳しいアクセス方法が記載されているので、必ず確認しておきましょう。

それで、アクセス情報をもとにたどり着いた拠点がこちらです。
ADDress三浦A邸の外観
普通の民家ですね。

中に入ると階段があり、今回私が止まっているのは202号室なので2階へ上がります。
2階への階段
こちらの拠点は個室ごとに鍵もついているので、安心して滞在できそうです。
個室の鍵

個室の中はこのように広いです。
三浦A邸の個室
三浦A邸の個室
窓が2面についているので、日中は光も入ってきて明るいです。

それと、ベッドも大きめのサイズです。
三浦A邸の個室のベッド
一人じゃなくて同伴者と2人での滞在でも、ゆったりと寝れそうです。

机も置いてあるので、個室で仕事に集中することもできます。
三浦A邸の個室の机
手元にライトもありますし、コンセントもばっちりです!

ベランダもついています。
個室からも移動できて、天気のいい日は風が気持ちよくて、洗濯物もすぐに乾きました。
三浦A邸のベランダ

三浦A邸はキッチンも広くて使いやすいです。
三浦A邸のキッチン
三浦A邸のキッチン

キッチンの前は共有スペースになっていて、個室で仕事するのが苦手な方は、日中はここで仕事をするのもおすすめです。
ダイニングルーム
ダイニングルーム
外から光も入ってくるので、日中は明るくて過ごしやすいスペースになっています。

それと、キッチンの横にあるお勝手口から外に出ると、すぐ前に小さな公園もあります。
リモートワークで疲れた時には、気分転換に公園で一休みするのもおすすめです。
三浦A邸の目の前の公園

あとは、お風呂はお湯を溜めて湯船に浸かることもできますし、トイレは1階と2階にあります。

全体的に広くて過ごしやすい拠点になっているので、リモートワークにも最適です。

ちょっと気になったのが、たまたまかもしれないですが、Wi-Fiが時々切れることがありました。
ただ、速度には問題なかったので、仕事に大きな支障はないです。

まとめ

三浦A邸は、個室やリビングも広くて、過ごしやすい拠点になっていました。

Wi-Fiの速度にも問題ないですし、周辺は住宅街で静かで仕事にも集中できるので、リモートワークにも最適です。

あと、キッチンも広いので、自炊派の方にもおすすめです。
「うらりマルシェ」に行けば新鮮な三浦野菜も手に入りますし、マグロを中心に魚も手に入ります。
徒歩圏内には京急ストアもあるので、食材の買い出しには困りません。

それと、三浦港まで徒歩10分もかからないので、観光にも最適です。
散策したり、食べ歩きをしたり、観光水中船に乗ったりもできるので、とても楽しい街です。

こちらの記事を読んで気になった方は、ぜひ一度、三浦B邸を訪れてみてください。

スカイチケットレンタカー
こちらの記事を「はてブ」して頂ける嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加