グルメ

親子丼の元祖「玉ひで」で絶品の「極意」を頂いてきました!

「玉ひで」の親子丼

都内で親子丼のお店と言えば「玉ひで」。

親子丼好きの方はもちろんですが、そうじゃない方もテレビで一度はご覧になったことがあるかもしれないです。
よくワイドショーなんかで行列のできる親子丼のお店として取り上げられている有名です。

というか、恐らく都内で一番有名な親子丼のお店だと思います。

どうして「玉ひで」がこんなにも有名なのか?
というと、
「美味しいから!」というのはもちろんです。

それともう一点、創業が1760年という長い歴史を持つ親子丼の元祖ともいうべきお店だからです。
元祖と聞くと、一度は食べてみたくなるのが人間のサガですよね。
その為、連日多くの方が並ばれています。

私が訪れたのは12時半ごろ、この日も既に多くの方が並ばれていました。
「玉ひで」の行列

メニューは、昼の部だと「日本(2,300円)」と「極意(2,800円)」がメインになるようです。
「玉ひで」のメニュー
他にも「玉丼(1,400円)」と「炙り鶏(1,800円)」もあります。
※各メニュー、コースもあるようです。

どれを頂く迷ったのですが、せっかくなので私は「極意」を頂くことに決めて待つこと30分、ようやく自分の順番が回ってきました。

お店の中に通されると、まず先に注文を済ませてそのまま支払いも済ませてしまいます。
さらに待つこと数分、いよいよテーブルに通されました。
通されたのは2階の席で、このような雰囲気です。
「玉ひで」の店内

テーブルについてまず出てくるのが鳥のダシでとったスープ。
鶏スープ
鶏のダシがしっかりと出ていて、薄味であっさりしていますが塩も効いていて美味しかったです!

スープを飲みながらさらに待っていると、いよいよ親子丼の登場です。
「玉ひで」の親子丼 フタの乗った状態
フタを開けるとどう見えて美味しいこと間違いなしの1品が出てきます。
「玉ひで」の親子丼

烏骨鶏の卵も付いてくるので真ん中に乗せてみました。
親子丼に烏骨鶏の卵乗せ
この上なく最高の見栄えになりましたね!
アップでも一枚。
烏骨鶏の卵
「極意」の味はというと、大人の味でした。
親子丼て少し甘みがあるイメージですが、「極意」に関しては甘みはなかったです。
鶏肉はしっかりとした歯ごたえがあり、鶏肉をしっかりと食べている感覚です。

他のメニューの口コミをネットで見た際には「甘み」があると書かれていたので、
「極意」に関しては大人向けの1品なのかもしれないですね。

というか、2,800円もする親子丼て子供には贅沢過ぎるので、これでいいのかもしれないですね。

とは言え、美味しい事には間違いなしです!
今度、両親が上京してきた際に食べさせたい「東京の美味しいお店」の一つになりました。
その時は、「日本」を頂いてみたいですね!

薬味
このような薬味も付いてくるので、半分程食べてからかけて食べると、味変にもなって最後まで美味しく頂くことができます。

ぜひ一度訪れてみて下さい。

ホームページはこちらです。
http://www.tamahide.co.jp/

住所は「東京都中央区日本橋人形町1-17-10」で、最寄り駅は「人形町駅」と「水天宮駅」です。
「人形町駅」からは徒歩で直ぐ(A2出口より25m)、「水天宮駅」からも数分(8番出口より165m)です。

「昼の部」と「夜の部」に分かれていて、「昼の部」は11時30分~13時30分、「夜の部」は17時~21時30分です。
夜のディナーではコース料理がメインになるようですが、
親子丼自身も使用する卵を変えるなどされているので、昼と夜とで味も違うようです。
ぜひ、夜も訪れてみたいですね!

地図はこちらです。