グルメ

【大洗】悠久のとろける「マグロ丼」は並んでも食べるべき逸品!

「すし悠久」のまぐろ丼

大洗で海鮮丼を食べるなら「すし悠久(ゆうきゅう)」がおすすめ!

大洗と言えば、あんこう鍋、しらす丼、牡蠣、マグロなど海の幸が豊富な街です。

私も何度か大洗を訪れて美味しいものを頂きましたが、
その中でも一番美味しかったのが「すし悠久」さんの「まぐろ丼」、1,789円。

私が初めて悠久を訪れたのはお昼過ぎ。
いつもお昼はコンビニのパンかおにぎりという人間にとって、昼ご飯に1,780円というのはかなりな贅沢です。

ただ、インターネットで大洗の美味しいお店の情報を調べる中で、
一番惹かれたのが悠久の「まぐろ丼」だったので行ってみることにしました。

食べログでも評価が3.5以上と高く、楽しみです!
食べログの評価3.5以上

大洗駅からだと少し離れていてGoogleマップを片手に歩くこと25分弱、ようやく悠久に到着です。
到着するとお店の前には既に何人かのお客さんが待たれていました。
大洗「すし悠久」
でも、このくらいの人数であれば直ぐに入れると思いお店の横に移動すると、甘かったです。
店の前からは見えなかったのですが、めっちゃ行列ができていました。
「すし悠久」の行列

これ、並ぶか迷いました。
正直、少し歩けばカキ小屋などもあるので、そちらに行った方がいいのではないかとも考えました。

でも、逆にこれだけの人が並んでいるということは、美味しいことは確定しているということです。
この日は別に急いでいるわけでもなかったので、並んでみることに。

とはいえ、結局自分の順番が来るまでに1時間以上並ぶことになってしまい、途中、少し心が折れかかる瞬間もありました。

でも、並んでよかったです!
正確には80分程並んでお店に入れたのですが、私は一人だったのでカウンターに通されました。
席に座り、予め決めていた「まぐろ丼」を注文して、出されたお茶をじっくり味わいつつ待つこと数分。
「すし悠久」のお茶
お寿司屋さんのお茶って何でこんなに美味しんですかね!?
みたいなことを一人で考えていると、出てきました!
待ちに待った「まぐろ丼」です。
「すし悠久」のまぐろ丼
お味噌汁とおしんこが付いて1,789円。
まぐろが8枚(トロ4枚、赤身4枚)と中落ちが乗っていて、めっちゃ贅沢な一品です。
「すし悠久」のまぐろ丼
見るからに脂が乗っていることが分かりますね。
少しアップでもう一枚。
「すし悠久」のまぐろ丼
それでは、さっそく味わってみることに。

まずはトロを一枚口に入れると、中から脂が染み出てきて、その旨味が口の中に広がって至福の時間が訪れます。

次は赤身の番です。
こちらはあっさりとしていて、脂ではなくまぐろの身自体の美味しさを堪能できる一枚です。
大き目に切ってあるので、食べ応えもありました。

そして、中落ちです。
醤油を少し垂らして口の中に入れると、旨味のある脂とあさっりとした赤身が合わさったよう感じで、濃厚な味わいの部位でした。

因みに、「中落ち」というのは本来、骨の周りについている赤身になるらしく、脂はのっていないらしいです。
こちらの「中落ち」には脂の美味しさも感じられたので、もしかすると脂の乗った別の部位も混ぜてあるのかもしれないです。
だとすると、手の込んだ一品で、美味しいのは当たり前ですね。

このまま食べすすめ、一口一口をじっくりと味わいながら5分程で完食です。
昨年の12月に三崎港で食べて以来のマグロでしたが、やはりマグロは美味しいです。

因みに、他にもメニューはあります。
「すし悠久」のメニュー

「すし悠久」のメニュー

今度は「特選ちらし」か「がっつりどん」を頂きたいですね。
私が訪れたのは日曜日だったので、平日の人が少ない時間帯を狙って、また再訪しようと思います。

因みに、営業時間は、
平日:11時~15時、17時~21時
土日:11時~21時
です。

水曜が定休日ですが、平日は不定期で休まれることもあるみたいです。
なので、平日に行かれる場合には事前に電話で確認された方がいいです。
「すし悠久」の営業時間

住所は、「茨城県東茨城郡大洗町磯浜町173-2」です。

店舗詳細

【店名】すし悠久(ゆうきゅう)
【住所】〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町173−2
【アクセス】鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 大洗駅より徒歩25分
【連絡先】029-219-9733
【営業時間】昼 11:00~15:00 / 夜 17:00~21:00 ※土日祝日は11:00~21:00
【定休日】水曜日
【駐車場】あり ※数台程度
【クレジットカード】可

アクセス

【住所】茨城県東茨城郡大洗町磯浜町173−2 / 【最寄り】鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 大洗駅より徒歩25分

大洗駅からだと徒歩で25分程です。
歩くのが無理という場合はタクシーでの移動をおすすめします。
あと、駐車場もありますが広くはないので、車で移動される場合には注意して下さい。

地図はこちらです。