グルメ

長瀞で豚みそ丼を食べるなら豚みそ丼専門店「有隣」がおすすめ

「有隣」の豚みそ丼

長瀞グルメと言えば色々ありますが、一番有名なのはやはり「豚みそ丼」ですよね。

長瀞駅の改札を出ると豚みそ丼のお店はたくさんありますが、
その中でも私の一番のおすすめは豚みそ丼専門店「有隣」です。
長瀞の豚みそ丼専門店「有隣」
どこのお店に入ろうか迷っていると、こちらの看板に惹かれて「有隣」に決めました。
豚みそ丼専門店「有隣」の看板
お店に入ると、さっそくありました!豚みそ丼のサンプルです。
豚みそ丼専門店「有隣」の豚みそ丼
小盛(800円)、普通(1,000円)、大盛(1,200円)の3つのサイズがあるようです。
サイズによってご飯だけでなく豚肉の枚数も違っていて、小盛は2枚、普通は3枚、大盛は4枚乗っています。

こちらの券売機で食券を購入して注文するシステムです。
豚みそ丼専門店「有隣」の券売機
せっかくなので、大盛(1,200円)の食券を購入して、待つこと10分くらい。

出てきました!豚みそ丼です!
「有隣」の豚みそ丼
フタの横から既にはみ出ています。
「有隣」の豚みそ丼
この時点で既に味噌の焦げた香ばしい匂いがしています。
早くフタを取って!と言わんばかりに主張してきています。

さっそくをフタを取ってみると、大き目にカットされた味噌漬けの豚肉が4枚乗っていました。
「有隣」の豚みそ丼
味噌の焦げた匂いが食欲をそそる一杯ですね!

それにしても、さすがにこれは大きいですね。
普通の胃袋の方であれば小盛(800円)でも十分なので、注文するときには気をつけて下さい。
もちろん、私はこのくらいの量であれば問題ありません!

ただ、豚肉は少し脂が多目なので、4枚も乗っていると途中で少し味変したくなります。
で、七味の登場です!
豚みそ丼に掛ける七味
これで最後まで美味しく頂くことができました!

豚みそ丼の味はというと、みそだれに漬け込んだ豚肉が香ばしくてめっちゃ旨かったです。
肉自体も柔らかくて、簡単にかみ切ることができます。
そして、味噌の焦げた部分が少し苦くて、それがまたいい感じにご飯と合っています。

絶品の味だったので、長瀞を訪れた際にはまた頂きたいです。

場所は、秩父鉄道「長瀞駅」の改札を出て、寳登山神社の方向に向かって歩いていると2分ほどで到着します。
美味しいこと間違いなしなので、長瀞を訪れる際にはぜひ一度「有隣」の豚みそ丼を食べてみて下さい。

ホームページはこちらです。
https://www.chichibu-railway.co.jp/nagatoro/yurinbutamiso.html

因みに、今回私が訪れたのは平日の11時くらいだったのでお店は比較的空いていました。
ただ、以前休日に長瀞を訪れた際には「有隣」のお店の前に行列ができていたので、繁忙期になるとそれなりの時間並ぶ覚悟は必要です。

【お店の詳細】
営業時間:10:30~16:00(お肉がなくなり次第終了)
定休日:毎週火曜・水曜日
駐車台数:12台
最寄り駅:秩父鉄道「長瀞駅」下車徒歩2分
所在地:〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞532-5
お問合せ先:0494-26-7299
※繁忙期は営業、閑散期は臨時休業する場合もあるようなので、心配な方は事前に営業中か確認しておいた方がいいです。
 予約は受け付けていないそうです。