このエントリーをはてなブックマークに追加←こちらの記事を「はてブ」して頂ける嬉しいです!
グルメ

【一人飯OK】渋谷で一番チャーハンが美味しい町中華「兆楽」

渋谷 味の中華「兆楽」

渋谷の町中華「兆楽」宇田川町店。カニチャーハンは渋谷一の絶品チャーハン!

渋谷にある中華料理店の中でおすすめなのが「兆楽(ちょうらく)」。

私が兆楽に通い始めてからもう10年くらいにはなります。
きっかけは会社の同僚から「センター街にある兆楽って知ってます?」という一言。

「美味しいから一度行ってみて下さいよ!」と言われ、たまたまお店の近くに行く用事があった時に立ち寄ってみました。
センター街のど真ん中、宇田川町交番のすぐ裏にあり、渋谷駅からも歩いて数分です。

お店はこちら。
渋谷 味の中華「兆楽」
決してキレイとは言えない店構え。
既に渋谷では絶滅してしまったようなこの古びた味のある建物が素晴らしいですね。

私のような40歳のオッサンにとっては、この古びた感じが”一人でお店へ入るための心理的障壁”を無くしてくれるので、気軽に立ち寄れるのも良いところです。
おじさんになるとオシャレな外観のお店って入りにくくなりますからね。。。

それはいいとして、
調べてみると、70年代から続く歴史のあるお店らしく、お店の外観から想像できる通り、店内も決してキレイとは言えない古びた様相です。

店内には厨房を取り囲むように並んだカウンター席が15席くらい、あとはテーブル席が2つあるだけで、決して広くはありません。
ただ、常に席は埋まっていて、次から次へと客が入れ替わっていくので、それだけでもこの中華料理店が人気店だということが分かります。

時間帯によってはお店の前で数人待っていることも珍しくはありません。

で、私のおすすめのメニューはというと、「カニチャーハン(770円)」です。
勝手に渋谷で一番美味しいチャーハンと認定しています。

もう少し詳しくチャーハンを紹介していきます。

「カニチャーハン」と「ホイコーロ」の組み合わせは、まさに神の領域!

私がいつも必ず注文するのが「カニチャーハン(770円)」。
「カニチャーハン」にはスープが付いていて、先にスープだけ出てきます。
「カニチャーハン」のスープ
表面に脂が浮いていますが、想像よりもあっさりとした味。
余計な味が付いていなくて口の中をさっぱりとさせてくれるので、チャーハンを食べる前に舌を整えてくれる感じです。

スープを飲みながら待つこと数分、ようやくメインの「カニチャーハン」が出てきます!
兆楽のカニチャーハン
わたくし、なにげのにこのチャーハンが、渋谷で一番美味しいチャーハンと勝手に認定しています。
見た目通り非常にシンプルで、あっさりとした薄味、香ばしいかおり、パラパラとした食感、カニの塩味、が合わさって堪らない逸品です。

ただ、「カニチャーハン」の1品だけでオッサンの胃袋が満たされることはなく、必ずもう1品頼んでしまいます。
私が一番好きなのが、「カニチャーハン」と「ホイコーロ」の組み合わせです。

カニチャーハンとホイコーロ
食べなくても美味しいと分かる最強の組み合わせですね!

肉もたっぷりと入っていて、キャベツもしっかりとタレと絡み合っていて、本当に美味しそうな見た目の「ホイコーロー」です。
兆楽のホイコーロ
「カニチャーハン」があっさりとしているので、「ホイコーロ」の甘辛い味付けとの相性も抜群で、一気に食べきってしまいます。

肉も柔らかいですし、キャベツはしっかりと火が通りしんなりとしていますが、絶妙にシャキシャキ感も残っています。
最高のホイコーローです!

因みに、2番におすすめなのが「カニチャーハン」と「マーボー豆腐」の組み合わせです。

ただ、これは私の好みであって、他の方が食べているのを見ると、やはり麺類が人気のようにも思います。

メニューはたくさんあるので、人それぞれお気に入りの料理が違ってくるのも当然ですが。
兆楽のメニュー

取り合えず、兆楽の「カニチャーハン」は渋谷で一番美味しいチャーハンです。
高級中華料理店のような難しい味ではないですが、シンプルでオッサンの食欲をソソる香ばしい味が何とも言えないです。

宇田川町交番の真裏なので、渋谷駅からも近いです。
センター街や宇田川町エリアの方に行かれる際には、ぜひ一度立ち寄ってみて下さい。

「ルースーチャーハン」もおすすめ

兆楽さんの「ルースーチャーハン(800円)」もおすすめです。
お店の看板メニューの一つで、こちらも美味しいです。

ここのお店以外では聞いたことのない名前ですが、玉子チャーハンの上に、タケノコと豚肉たっぷりのあんが乗ったメニューです。
ルースーチャーハン
一般的によくあるあんかけチャーハンとも全く違いますね。
アップでもう一枚。
ルースーチャーハン
あんだけでアップでもう一枚。
ルースーチャーハン
もう食欲をソソリまくりの見た目です。

あんの味はそこまで濃くはなく、あっさりとした玉子チャーハンともよく合います
そして、タケノコのシャキシャキとした食感もいいアクセントになります!

「ルースー」とは漢字で「肉絲」と書くらしいです。
肉の細切りという意味で、「青椒肉絲(チンジャオロース)」の「青椒(チンジャオ)」を取った料理ということです。
つまり、チンジャオロースからチンジャオ(ピーマン)を抜いたモノが「ルースー」ということですね。

因みに、「ルースーチャーハン」にもスープが付いているので安心して下さい。
「ルースーチャーハン」に付いているスープ
正直、このスープに関は何度も通っていると癖になってきます。

この「ルースーチャーハン」は、兆楽さん以外のお店では聞いたことのないメニューです。
兆楽さんの看板メニューでもあり、恐らくココでしか食べれないチャーハンです。
※もし他にもあれば教えて下さい。

それと、「ルースーチャーハン」には餃子(220円)も合います。
兆楽の餃子
餃子はニラの効いた濃いめの味で、あっさりとした「ルースーチャーハン」との相性は抜群です。
「ルースーチャーハン」を2口食べたら餃子1個を繰り返すのが私のおすすめの食べ方です!

宇田川町店が混んでるときは道玄坂店へ!

兆楽には道玄坂店もあります。
道玄坂店で定員さんに聞いてみると「社長が同じですよ」と言われていたので、同店と考えていいと思います。

入り口はこちら。
【渋谷】兆楽 道玄坂店

道玄坂店も利用者は多いですが、宇田川町店ほどは混んでいないので、昼時なんかは道玄坂まで足を運んでみるのもありです。

ただ、宇田川町店には「カニチャーハン」がありません。
なので、ここは普通の「チャーハン」にします。
チャーハンと玉子スープ
カニが入っていなくても美味しそうですね。
チャーハン

で、ここでも、やはり「ホイコーロー」も一緒に注文します。
ホイコーロー
並べてみるとこんな感じになります。
ホイコーローとチャーハン
素晴らしいビジュアルです!

チャーハンは、やはり薄味になっていますが、旨味もあります。
甘辛くて濃い味付けのホイコーローとの相性も抜群です。

皆さんも是非一度この組み合わせを試してみてください。

因みに、道玄坂店のメニューはこちらです。
道玄坂店のメニュー
道玄坂店のメニュー
どのメニューも名前だけで美味しいことが分かりますね。

宇田川町店の詳細・アクセス

【店名】味の中華 兆楽 宇田川町店
【住所】〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町31−5
【アクセス】渋谷駅から徒歩5分
【連絡先】03-3461-6400
【営業時間】11:30~27:00(翌3:00)
【定休日】なし
【席数】20席
【クレジットカード】不可
【ツイッター】https://twitter.com/cyoraku1

道玄坂店の詳細・アクセス

【店名】味の中華 兆楽 道玄坂店
【住所】〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目6−2 藤山恒産第一ビル1階
【アクセス】京王井の頭線 渋谷駅から徒歩1分 / JR渋谷駅から徒歩2分
【連絡先】03-5459-2300
【営業時間】7:00~24:00
【定休日】なし
【席数】30席程度
【喫煙】全席禁煙
【クレジットカード】不可
【ツイッター】https://twitter.com/cyoraku1

こちらの記事を「はてブ」して頂ける嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加