グルメ PR

ピルクル400とピルクルミラクルケアは何が違うの?効果の違いを解説!

ピルクル400とピルクルミラクルケア
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ピルクル400ピルクルミラクルケアを比べてみました。

どちらも日清ヨークが販売する乳酸菌飲料で、コンビニやスーパーで手軽に買うことができます。
共に、日清ヨークが独自に保有するの乳酸菌株である「NY1301」を多く含みますが、含有量が異なり、期待できる効果も異なります。

ピルクル400とピルクルミラクルケアの違いが気になっている方は、ぜひチェックしてみましょう!

因みに、同じ乳酸菌飲料のヤクルト・ヤクルト1000についても、以下のページでまとめています。
ヤクルトとヤクルト1000の違いを知りたい方は、こちらのページもチェックしてみましょう。
>> ヤクルトとヤクルト1000の違い

ピルクルについて

CMでもお馴染みのピルクル。
現在、主に人気の商品はピルクル400ピルクルミラクルケアです。
ピルクル400とピルクルミラクルケア

共に乳酸菌NY1301株を多く含む乳酸菌飲料で、最近では人気すぎて売り切れている光景もよく見かけます。

ピルクル400

ピルクル400はこちら。
ピルクル400
中から出すと、65ml入りサイズのプラスチックパックが10本入っています。
ピルクル400
コンビニやスーパーに置いてあるのは、このサイズが多いですよね。

あと、455mlパックに入っているモノも置いてありますよ。
ピルクル400の455mlパック

一応、ピルクルの1日の接種目安は65mlとなっています。
ですが、455mlを飲み干しても問題はないようですが、そこそこカロリーも高いので、飲みすぎには注意しましょう。

また、乳酸菌NY1301株を400億個(65mlあたり)も含んでいるのが特徴です。
特定保健用食品にも指定されており、腸内環境の改善効果を期待できます。

それにより、腸内の善玉菌が増え、便臭の改善効果も見込めます。
さらに、便の回数も増え、便秘の解消効果も期待できかもしれないですね。

ピルクル400の期待できる効果

■便秘の解消効果

ピルクルミラクルケア

ピルクルミラクルケアはこちら。
ピルクルミラクルケア
こちらは、65mlサイズのピルクルが8本入っています
ピルクルミラクルケア

ピルクル400と同じ乳酸菌株NY1301を600億個(65mlあたり)も含んでおり、腸内環境の改善効果を期待できます。
さらに、”睡眠の質改善”と”日常生活における疲労軽減”の効果も期待できるようです。

ピルクルミラクルケアの期待できる効果

■便秘の解消効果
■睡眠の質改善
■日常生活における疲労軽減

色をチェック

ピルクル400とピルクルミラクルケアの色もチェックしてみましょう。

並べてみるとこんな感じです。
ピルクル400とピルクルミラクルケア
左側がピルクル400、右側がピルクルミラクルケアです。

色はほぼ同じですね。
というか、違いが分からないです。

昔ながらの乳酸菌飲料といった色合いで、ヤクルトともよく似た色になっています。

味をチェック

ピルクル400もピルクルミラクルケアも、滑らかな飲み口になっていて、甘くて濃いです。
ただ、味はほとんど同じ味です。

と言っても、ピルクルミラクルケアの方がわずかにスッキリとした飲み口になっています。
そして、若干ですが、ピルクルミラクルケアの方が酸味を強く感じます。

それに対して、ピルクル400の方が、多少、滑らかな味わいがより強くなっているように感じます。

個人的には、飲みやすいのはピルクル400の方かなとは思います。
と言っても、正直、そこまで大きな味の違いはないです。

ピルクル400とピルクルミラクルケアの効果・成分を比較

ピルクル400 ピルクルミラクルケア
カロリー 42kcal 27kcal
乳酸菌の種類 NY1301株 NY1301株
乳酸菌の数 400億個 600億個
脂質 9.8g 0g
タンパク質 0.8g 0.9g
炭水化物 9.8g 5.8g
食塩相当量 0~0.1g 0.03g
効果 ■腸内環境改善 ■腸内環境改善
■睡眠の質を改善
■日常生活の疲労感を軽減
1日の摂取量目安 65ml 65ml
成分量はピルクル65mlあたりです

両方とも同じ乳酸菌NY1301株が入っていますが、ピルクル400は”400億個“に対して、ピルクルミラクルケアには”600億個“の乳酸菌が含まれているようです。

ただ、ピルクルミラクルケアの方が、脂質の量が少なくカロリーも低いです。

また、効果についても異なります。
ピルクル400の効果が主に”腸内環境改善“なのに対して、ピルクルミラクルケアには”睡眠の質改善“と”日常生活の疲労感軽減“の効果も期待できるようです。

保存方法と過熱について

ピルクルを保存する場合には、冷蔵庫で10度以下の環境で保存してください。

また、乳酸菌は熱には強くないので、50度以上に温めると乳酸菌が死滅してしまう可能性があります。
そうなると、保健効果を得られなくなるので注意してください。

基本的には、10度以下の環境で冷やして飲むのがおすすめです。

乳酸菌を効率よく摂取する方法

乳酸菌を定期的に摂取したいなら、乳酸菌飲料もいいです。
ですが、乳酸菌をまとめて効率よく摂取したいのなら、乳酸菌サプリメントもおすすめです。

おすすめは善玉元気

おすすめは、乳酸菌発酵エキスを配合したサプリ「善玉元気」。
ゼリータイプになっているので飲みやすくなっており、腸までしっかりと届くのが特徴です。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。
>> おなかスッキリ!乳酸菌発酵エキスと贅沢ポリフェノール!善玉元気 購入サイトへ

花菜の選べる乳酸菌もおすすめ!

2種類のサプリがセットになった「花菜の選べる乳酸菌」もおすすめです。
1セットで10兆個の乳酸菌を摂取することができ、初回2,365円(税込)で購入することができます。

ダイエットにはもちろん、腸内環境の改善、免疫改善にも効果を期待することができます。

【配合している成分】
・ビフィズス菌
・ナノ型乳酸菌(植物性乳酸菌)
・ラブレ菌(植物性乳酸菌)
・フェカリス菌(ヒト由来)
・有胞子性乳酸菌(ラクリス菌)
・ケフィア(3種類)
・オリゴ糖
・デキストリン

>> 花菜の選べる乳酸菌 購入サイトへ

最後に

今回は、人気の乳酸菌飲料であるピルクルについてまとめてみました。

私はフリーランスとしてノマド生活をしていますが、ウチの中で夜遅くまで仕事をすることもあります。
寝るの遅くなったり、夜まで集中して仕事をしていると、かなりのストレスで疲労感も半端ないです。

そんな不規則な生活をしている私のような人間にとっては、睡眠や疲労感の軽減効果を期待できるのはとてもありがたいです。

もちろん、会社員の方や主婦の方も毎日疲労が溜まっている方も多いです。
夜遅くまでの勉強で寝不足とストレスで疲労を貯め込んでいる受験生や大学生も多いと思います。

そんな方は、ぜひピルクル400とピルクルミラクルケアをお試しください。

ピルクルは継続して摂取することが大切です。
まずは、2週間ピルクルを試してみましょう。

ピルクル400は、楽天市場でも購入することもできます。

>> ピルクル400 65ml×10本×5パック

ピルクルミラクルケアの購入はこちらです。

>> ピルクルミラクルケア 65ml×8本×5パック

ピルクル400は、910ml入りの大パックも販売されています。

>> ピルクル400 910ml入り×6本

フリーランスプログラマー&ブロガー
ダッチ
ダッチのアイコン
初めまして、ダッチです!
フリーランスとして活動しています。
趣味は写真を撮ること・神社を巡ること・アニメをみること、です。

無料写真ダウンロードサイト[フォトベイ(Photobey)]
写真AC

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です