グルメ

倉敷美観地区で出会った「くらしき桃子」の冬美白パフェが美味し過ぎでした

先日、倉敷の美観地区に行ってきました。
倉敷美観地区
美観地区といえば、倉敷観光の中心地で、倉敷川沿いに栄えた城下町の風情を今も色濃く残すスポットです。
その風情ある景色を写真に収めようと、カメラ好きの方も多く訪れる街です。

で、私もカメラ片手に倉敷美観地区を散策している時に出会ったのが「くらしき桃子」というカフェ。
※後で調べると美観地区ではかなり有名なお店らしいです。
くらしき桃子

こちらのお店で頂いた冬美白という桃のパフェが忘れられず、記事にしてしまいました。

最初は甘いものを食べながら一休みしようとふらっと入ってみたのですが、
メニューをみて絶対にこれを食べたい!と思ったのが「冬美白パフェ」。
正確には「クリスタルパフェ~冬の訪れ 冬美白~」という名前らしいです。

値段は、なんと2,700円。消費税を加えると3,000円近くにもなるパフェです。
くらしき桃子 レシート
さすがにパフェにこの値段は出せないかな。。。。と、一瞬迷ったのですが、
もう食べたいという欲求が抑えられずに思い切って注文してみることに。

注文してから席に座り待つこと数分。
隣の席には修学旅行生らしき女子高生の集団が座り、一人でパフェを待っているオッサンには少し居心地の悪い空間に。

でも、それ以上に「冬美白パフェ」が待ち遠しくてスマホを出してお店のレビューを探しながら待っていると、
まず出てきたのが「バカラ」のお皿。
バカラのお皿
お皿だけが先に出てきたのに驚いたのですが、パフェを乗せるためのお皿です。
正直、食器の価値は全く分からないのですが、そんな私でも名前くらいは聞いたことのあるバカラ。
こういうところにまでこだわられていると、どうしてもこれから出てくるパフェへの期待値も上がってしまいます。

で、出てきたのこちら。

美味しいこと間違いなしの見た目!
反対側からも一枚。

大きな桃がたっぷりと乗っていて、さらにその上には桃のシャーベットまで。

まずはシャーベットを一口。
桃をそのまんまシャーベットにしたような味で、桃の味しかしません。
今までの人生で食べた中で一番美味しいシャーベットといっても過言ではありません。

私、パフェは上から順番に食べていく人間なので、まずはシャーベットを食べきってから、いよいよ桃の果実を頂くことに。
冬美白(とうびはく)」という名前の桃で、冬(11月ごろ)に食べごろを迎える品種らしいです。

桃といえば、夏から秋の果物というイメージだったのですが、冬でも美味しい桃を食べて欲しいという思いで、この時期に旬を迎える「冬美白」を栽培されている農家さんがあるそうです。

夏に食べる桃と比べると、果肉は固めでしっかりとした食感があり、甘みもあってめっちゃ上手かったです!

お店のホームページはこちらです。
http://kurashikimomoko.jp/

当たり前ですが、季節によって旬を迎える果物のも変わってくるので、
今回私が頂いた冬美白パフェは11~12月上旬までしか頂くことができないらしいです。

ただ、岡山は果物の宝庫です。
季節に合わせて旬の美味しい果物を使ったパフェを頂けるので、美観地区を観光する際にはぜひこちらのお店にも訪れてみて下さい。

お知らせなどはTwitterでも発信されているようなので、訪れる前にはそちらもチェックしておくといいと思います。
Twitter:https://twitter.com/kurashikimomoko

こちらのお店は倉敷に3店舗あるらしいですが、私が訪れたのは「総本店」です。
倉敷駅からだと、徒歩で15分弱くらいの場所にあります。

地図はこちらです。