地方グルメ

箱根湯本の隠れ家的な甘味処「茶房うちだ」ナポリタンと宇治金時で一休み!

【箱根湯本】甘味処「茶房うちだ」のナポリタン

【箱根湯本】甘味処「茶房うちだ」

箱根湯本をカメラ片手に散策している時に見つけたのが、「茶房うちだ」という甘味処。

訪れた日は、朝からずっと動き回っていて、気づけば12時を回っていました。

しかも外は蒸し暑くて疲労もピークに!
ということで、どこかで休憩しがてらお昼を頂くことに。

その時にたまたま見つけたのが「うちだ」さんです。
にぎやかな商店街からは少しだけ離れているので、人目に付きにくく、隠れ家的なお店です。
甘味処「茶房うちだ」の入り口
お店の前にはショーケースもあります。
甘味処「茶房うちだ」のショーケース
甘味処ですが、甘味以外のもメニューもたくさんあります。

で、ここにもありました、ナポリタン(880円)が!
このお店に入ろうと思ったのは、ここでナポリタンを見つけたからです。

お店に入るとお客さんは数組。

席はまだ空いていたので、空いている席に座ってメニューをチェック。
ナポリタン(880円)だけを注文する予定でしたが、メニューを見て悩んだあげく、宇治金時(850円)も一緒に注文してしまいました!

しばらくすると、ナポリタンとセットになっているサラダが出てきました。
サラダ
レタスと水菜がメインのサラダで、新鮮でシャキシャキしていて美味しいです。

で、しばらくすると、ナポリタンも運ばれてきました。
ナポリタン
青くて綺麗なお皿に盛りつけられていて、見た目にも楽しいです。
一般的には、ナポリタンは白いお皿に盛られて出てくることが多いので、珍しいですね。

取り敢えず、アップでナポリタンをもう一枚。
ナポリタン
青のりが掛かっているのも珍しいですね。

それでは、さっそく頂いてみます。
その前に粉チーズをたっぷりと掛けてから。
粉チーズを掛けたナポリタン
味付けは、オーソドックスなケチャップで味を付けたナポリタンです。
ケチャップ画面にしっかりと絡んでいます。

具材は、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム、ベーコンと、定番です。

玉ねぎとピーマンはシャキシャキの食感が残っていて、麺のモチっとした食感ともよく合います。
ピーマンは苦みもあり、麺と絡めて食べると苦みとケチャップの味が一緒になってさらに美味しく食べれます。

いや~、今回も美味しいナポリタンでした!

ナポリタンを食べ終わるタイミングを見計らって、次は宇治金時が出てきました。
宇治金時
あんこもたっぷりで美味しそうです。
角度を変えてもう一枚。
宇治金時
本当に美味しそうです。
宇治金時

甘い抹茶のシロップが掛かっていて、たっぷりのアンコ、さらに甘い練乳が掛かっています。
王道の宇治金時!という感じの味です。

今どきのオシャレなお店で食べるフワフワのかき氷とは違いますが、こういった王道のかき氷も大好きです。
シロップも下まで染みていて、最後まで美味しく食べれました!

こちらのお店の写真はインスタにもアップしているので、イイネやコメントを貰えると嬉しいです!
あと、フォローして貰えるともっと嬉しくなります!

まとめ

偶然見つけた甘味処「茶房うちだ」さん。

甘味だけでなくナポリタンも美味しい隠れ家的なお店です。
もちろん甘味も美味しく、宇治金時も甘くて冷たくて美味しかったです!

場所は商店街から少し離れているので、Googleマップで案内して貰うと迷わずにたどり着けると思います。

店内は昔ながらの落ち着く雰囲気で、ゆっくりとすることができました。

因みに、今回はナポリタンと宇治金時を頂きましたが、他にもたくさんのメニューがありました。
ドリンク、トースト、カレー、スパゲッティー、サンドウィッチ、あんみつ、おしるこ、アイスクリーム、などなど本当に多いので、選ぶのが楽しいです。

あとで調べてみると、シフォンケーキも有名らしいです。
また次回訪れる時には、シフォンケーキも頂いてみたいです。

店舗詳細

【店名】茶房うちだ
【住所】〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本640
【アクセス】箱根登山鉄道 箱根湯本駅より徒歩6分
【連絡先】0460-85-5785
【営業時間】10:00~18:00(7~9月は~19:00)
【定休日】水曜日 ※祝日の場合は翌日休
【座席】36席(テーブル30席、座敷6席)
【駐車場】有 ※数台停められる程度です
【クレジットカード】不可
【ホームページ】https://www.a-gogo.jp/uchida/