このエントリーをはてなブックマークに追加←こちらの記事を「はてブ」して頂ける嬉しいです!
グルメ

【そばの杜】国産そば粉と秩父産くるみを使った美味しい「くるみ蕎麦」がおススメ!

ちちぶ御膳

【秩父】ふるさと館2階「そばの杜(そばのもり)」で頂く美味しい「くるみ蕎麦」

今回紹介するのは、秩父の蕎麦の名店「そばの杜」です。

秩父は水が綺麗なので蕎麦の美味しいお店はいくつかあります。
その中でも、「そばの杜」は秩父名物のくるみ蕎麦が有名で、ぜひ訪れて頂きたいです。

くるみ蕎麦とは、すり潰した秩父産くるみをそばつゆに混ぜて頂くお蕎麦です。

国内産の石臼挽き蕎麦粉を使用されていて、美味しいこと間違いなしのお蕎麦を頂けます。

場所は、秩父鉄道の秩父駅からは徒歩6分程ですが、西武秩父駅からだと徒歩で10分以上掛かるので少し遠いです。
ただ、秩父神社から数分の場所にあり、秩父観光では多くの方が参拝される神社だと思うので、観光がてらお昼を頂くには最適のお店です。

因みに、「そばの杜」から徒歩2分ほどの場所には「入船」という有名なお蕎麦屋さんもあります。
「そばの杜」が混み合っている時には、「入船」もおすすめです。

秩父蕎麦店「入船」の「山くるみそば」があまりにも美味し過ぎた!

「そばの杜」は「ふるさと館」という建物の中に入っています。
ふるさと館
場所は2階になります。
「ふるさと館」の2階
階段を上がっていくと下駄箱があるので、そこで靴を抜いてお店に上がります。

店内の写真はないですが、開放感もあり居心地のいいお店です。
で、メニューはこちら。
「そばの杜」のメニュー
悩むところですが、今回は贅沢に「ちちぶ御膳」1,650円を注文しました。
※これ以外のメニューもあります。

【ちちぶ御膳の内容】
■お蕎麦
■野菜の天ぷら
■麦とろごはん
■小昼飯(みそポテト、おなめ、しゃくしな)
※小昼飯(こじゅうはん)とは農作業の合間など小腹が空いた時に食べる郷土料理で、こちらも秩父名物となっています。

美味しいくるみ蕎麦を食べるならちょっと贅沢に「ちちぶ御膳」がおすすめ!

注文すると、先にくるみ蕎麦つゆが出てきます。
くるみと蕎麦つゆ
待っている間にくるみをすり潰して準備しておいて下さい!ということらしいです。

自分で好みの状態にすり潰せるのでいいですね。
私はくるみがしっかりと残っている方が好きなので、少し粗めにしておきます。
すり潰したくるみ
すり潰している間、くるみのいい香りがするので、余計にお腹が空いてきました。
取り敢えず、蕎麦つゆも入れてしまいます。
くるみを加えた蕎麦つゆ
美味しそうなおつゆになりました。

で、しばらく待っていると注文した「ちちぶ御膳」が出てきました!
ちちぶ御膳
蕎麦だけで一枚。
蕎麦
正直、蕎麦の量は少なめです。
ただ、他にいろいろと料理が付いていて、お腹は満たされるので安心して下さい。

で、蕎麦のお味はというと、麺はコシがあり、しこしこした食感です。
この麺をたっぷりのくるみが入ったおつゆにつけて食べると、蕎麦の風味だけでなく、くるみの風味も加わります。
それに、くるみに甘みもあるので、めちゃくちゃ美味しく食べれます。

最後は、残った蕎麦つゆに蕎麦湯を入れて頂きます。
蕎麦湯
くるみが入っているので、甘みもあり美味しく頂くことができました。

天ぷらも衣がサクサクで野菜の味もして美味しいです。
天ぷら
麦とろご飯や小昼飯(こじゅうはん)もめっちゃ美味しかったです。
麦とろご飯
小昼飯は、左から「みそポテト」「おなめ」「しゃくしな」になっています。
3連になった小鉢

これは、また訪れたいお店です。

因みに、冬になると冬季限定「おっきりこみうどん」も登場するようです。
学生の頃の学際で「おっきりこみうどん」を出すサークルがあり、美味しくて毎年学際で食べていたので、また冬場に訪れて食べてみたいですね!

他にも、秩父名物のみそぽてと豚みそ丼も揃っています。
あと、ここにわらじかつ丼が加われば、こちらのお店で秩父名物を全ていただけますね。

そばの杜の店舗詳細・アクセス

【店名】そばの杜
【住所】〒368-0044 埼玉県秩父市本町3−1 ふるさと館2F
【アクセス】秩父鉄道 秩父駅より徒歩6分 / 秩父鉄道 御花畑駅より徒歩9分 / 西武秩父駅より徒歩12分
【連絡先】0494-26-5335
【営業時間】11:30~16:00
【定休日】水曜
【席数】40席
【駐車場】有 8台 ※「ふるさと館」の裏手にあります。
【喫煙】全席禁煙
【クレジットカード】不可
【ホームページ】http://www.sobanomori.net/

こちらの記事を「はてブ」して頂ける嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加