地方グルメ

【箱根湯本】蕎麦の名店「はつ花」の濃厚とろろで食べるお蕎麦は絶品!

【箱根湯本】はつ花 「せいろそば」

箱根湯本 蕎麦(そば)の名店「はつ花」へ

今回紹介するのは、先日訪れた箱根湯本にある蕎麦(そば)の名店「はつ花」です。
箱根湯元駅周辺でも指折りの人気店で、休日にもなるとかなりの行列ができています。

お店は本店新館の2店舗あり、本店は箱根湯本駅より徒歩で6分、新館は本館からさらに3分程歩いた場所になります。

どちらも味は変わらないので、取り合えず本店に向かってみるとこの行列です。
はつ花 本店
時間は11時半、12時を過ぎるともっと行列は長くなるのでこのまま並んでしまうか悩んだのですが、取り合えず一度新館にも行ってみることに。
新館の写真です。
はつ花 新館
こちらは行列まだできていませんでした。

前日の12時半ごろに前を通りかかったときには新館もかなり人が並んでいたので、運が良かったです。
ただ、店の中に入るとさすがに混んでいて、ほとんどの席が埋まっていました。

で、今回は1階の席は全て埋まっていたので、店員さんに2階の席へ案内されて空いてる席へ。
そして注文です。

おすすめは濃厚な「とろろ」で頂く「せいろそば」

席に座ると、一応メニューを確認。
はつ花のメニュー
事前に調べて「せいろそば(1,200円)」にする予定だったのでメニューの確認は必要なかったのですが、念のためにチェックです。
結果、「天ざる(1,600円)」も美味しそうで、迷ってしまいました。

ダメですね、こういう優柔不断さは!
なので、ここは予定通り「せいろそば」を注文。

値段は1,200円ですが、大盛にして貰ったので+150円となり、合計で1,350円です!

注文して待っていると数分後、先につゆネギだけ出てきました。
つゆとネギ
さらに待っていると、数分後にとろろが出てきました。
とろろ
できれば、こういうのは全て一緒に持ってきてほしいと思ってしまう人間ですが、まあでも大した問題でもないので気にしないことに。

それはいいとして、これが「はつ花」さんの名物のとろろです。
上に乗った卵の黄身も最高です!

このとろろと一緒に頂く蕎麦が絶品らしく今回訪れたので、感動のご対面です!

で、数分後、ようやく出てきました。メインの蕎麦です!
蕎麦
大盛にはしましたが、正直、量はそこまで多くはありません。
そば屋で大盛と言えば、このくらいの量が普通なんですがね。

それにしても、太さも均一で、程よくそばの色も出ていて、見た目にも綺麗な蕎麦です。
こんなに綺麗な蕎麦を打てる職人さんの作る蕎麦なら、味も美味しいこと間違いなしですね!

取り敢えず、全て並べてみます。
せいろそば
最高に美味しそうな絵ずらになりました!

写真はこのくらいにして、さっそく頂いてみました。

まずは麺だけで頂いてみると、細くてツルツルしているので喉越しもいいです。
コシもあり、蕎麦の風味もして美味しいお蕎麦です。

とろろですが、かなり粘りがあります。
ここにつゆを入れて伸ばした後、蕎麦を付けて一気にすすります。

とろろはダシの味もしますが、つゆを入れるとちょうどいい塩分と旨味が加わり、さらに黄身のまろやかさも加わり、蕎麦ともよく合います。

つゆ自体もダシがしっかりと効いていて、味が濃い過ぎることもなく美味しいです。

それに、つゆで伸ばしても粘りが凄いので、とろろが蕎麦によく絡みます。
なんというのか、蕎麦を頂くというより、とろろを頂くという方が正しいのかもしれません。
そのくらいとろろが濃くて美味しいです!

美味し過ぎてあっという間に食べてしまいました。

食べ終わるのを見計らって、今度は蕎麦湯を持ってきてくれました。
蕎麦湯
この蕎麦湯を残ったとろろに投入です。
蕎麦湯を入れたそばつゆ
美味しそうです。
蕎麦のいい香りもして、めっちゃ美味しかったです!

因みに、とろろも全て食べたあとの器に、少しだけ残しておいたつゆを入れて、そこにも蕎麦湯を入れて飲んでみました。
こうすると、つゆの美味しさもよく分かるのでおすすめです。

それにしても、この蕎麦湯の文化というのもいいですね。

私は西日本出身ですが、関西だと蕎麦湯が無いお店も多いです。
なので、関東に出てくるまでは蕎麦湯というモノの美味しさを知らなかったのですが、今では大好物になりました!

まあ、それはいいとして、本当に美味しい「せいろそば」でした。

ただ、心残りは「天ざる」。
これもめっちゃ美味しそうでした。

次回「はつ花」さんを訪れた際には、絶対に「天ざる」も頂きたいです。

こちらのお店はインスタにもアップしています。フォローやイイネ、コメントを貰えるとめっちゃ嬉しいです!

やはり「天ざる」も最高に美味しかった! ※2021.08.13追記

今日、「はつ花」さんに再訪してきました。
目的は、どうしても忘れられなかった「天ざる(1,600円)」を頂くためです。

今回は本店で頂きました。
訪れたのは3時半ごろだったので行列は出来ていませんでしたが、店内に入るとほぼ満席で、2階席に案内されました。

今回は、席に座ると迷わずに「天ざる」を注文。
待つこと数分、まずはおつゆネギが出てきました。
おつゆとネギ
さらに数分後、出てきました!待望の「天ざる」です。
はつ花の「天ざる」
この見た目!美味しいことは間違いないですね!

一応、逆からも一枚。
はつ花の「天ざる」
蕎麦だけアップでもう一枚。
はつ花の「天ざる」
綺麗に盛られていて、本当に美味しそうな見た目をしています。

次は、天ぷらだけアップで一枚。
はつ花の「天ざる」の天ぷら
向きを変えてもう一枚。
はつ花の「天ざる」の天ぷら
本当に美味しそうです。
カボチャ、シシトウ、ノリ、海老が2本です。

我慢できないので、写真はこのくらいにして頂きます。

まず、おつゆはダシが効いていて、美味しいです。

麺は細いですが、しっかりコシがあり箸で持ち上げても全く切れません。
つゆを付けてすすると、ツルっとのどにまで入ってきて、喉越しもいいです。
蕎麦の風味もあり、つゆともよく絡んで美味しいです。

蕎麦を半分ほど食べると、次は天ぷらへ行ってみます。

まず、カボチャは甘くてホクホクです。
シシトウは苦みもあり、野菜の味がしっかりとします。
ノリはパリパリの食感が癖になります。

そして、メインの海老天
まず、サイズが大きいです。
「天ざる」の海老天
肉厚で食べ応えのある大きな海老で、衣もサクッと揚がっています。
海老の味もしっかりとしてめっちゃ美味しい海老天でした。

この海老天が2本も入っているのが嬉しいですね!

で、天ぷらを平らげた後は、残りの蕎麦に戻ります。
おつゆに天ぷらの旨味が溶けだしているので、最初に食べた時とは少し味が変わっています。
溶けだした脂がつゆに甘みを出してくれるので、さらに美味しく食べることができます。

そして、最後はもちろん蕎麦湯で締めます。
蕎麦湯
最高の締めとなりました。

今回も美味しかったです。
いや、美味し過ぎました。

こちらのお店はインスタにもアップしています。フォローやイイネ、コメントを貰えるとめっちゃ嬉しいです!

行列に並ぶのを避けたい方は?

今回私がお店に訪れたのとは別の日、本店の前を通った時の写真です。
【箱根湯本】はつ花の行列
この写真は休日の12時半ごろの写真です。

ピーク時にはお店の直ぐそばにある橋の真ん中くらいにまでは行列が伸びています。
お店に訪れるタイミングによってはこのくらいの行列は覚悟しておいた方がいいです。

あまり並びたくないという方は、平日に訪れるか、時間をずらすしかありません。
平日でも12時頃だと行列ができていることもありますが、休日に比べるとかなりマシです。

時間をずらすなら、11時ごろ、または14時以降だと比較的空いています。

あとは、本店よりかは、新館の方が若干空いてはいます。
本店にめっちゃ人が並んでいる場合は、一度新館へ行ってみるのもありです。

店舗詳細

【店名】はつ花(はつはな)
【住所 本店】〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本635
【住所 新館】〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本474
【アクセス 本店】箱根登山鉄道 箱根湯本駅より徒歩6分
【アクセス 新館】箱根登山鉄道 箱根湯本駅より徒歩9分
【連絡先】本店 0460-85-8287 / 新館 0460-85-5555
【営業時間】本店 10:00~19:00 / 新館 10:00~19:00 ※祝日の場合は前日か翌日に休業
【定休日】本店 水曜日 / 新館 木曜日
【ホームページ】https://hatsuhana.co.jp/

アクセス

【はつ花 本店】神奈川県足柄下郡箱根町湯本635

【はつ花 新館】神奈川県足柄下郡箱根町湯本474