こちらはブログランキングに参加しています。こちらの2つのボタンをクリックして貰えると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 
グルメ

珈琲館のホットケーキとナポリタンをもっと評価してほしい!

珈琲館のホットケーキ

珈琲館のホットケーキとナポリタンをもっと評価してほしい!

今回は、珈琲館のホットケーキナポリタンについてです。

私が住んでいる渋谷駅周辺には珈琲館の店舗が無いのですが、下北沢に足を運ぶ際にはよく立ち寄っています。
下北沢の珈琲館
※追記 私が知らないだけで、渋谷駅周辺にも1店舗ありました。

で、正直、珈琲館てドトールやスタバと比べると知名度が低いのですが、もっと評価されてもいい喫茶店だと思います。
カフェ・ベローチェと同じグループの喫茶店ですが、雰囲気全く違っていてゆっくりとできる空間のお店になっています。

ドリンクも美味しいですし、何よりホットケーキナポリタンが美味しすぎます。
その美味しさを伝えたくて、今回は記事にしました。

因みに、こちらの記事では紹介しませんが、「三元豚の厚切りロースカツサンド」もめっちゃ美味しいです。
もし興味のある方は、こちらの記事もお読みください。

珈琲館へ!「三元豚の厚切りロースカツサンド」がチェーン店のレベルを超えている!

それと、私が初めて訪れた珈琲館はなぜか福島の「いわき駅」前にある店舗です。
いわき市の珈琲館
ここでナポリタンを食べた時にめっちゃ美味しかったので、それ以来、珈琲館を見かけるとついつい入ってしまいます。

珈琲館のオリジナルホットケーキ

まずは、オリジナルホットケーキの紹介です。
珈琲館のホットケーキ
こちらは、一般的なホットケーキと比べると色が濃いですね。
1枚1枚、鉄板で丁寧に手焼きされているらしくて、表面はサクッとした食感でしたが中はフワフワです。
珈琲館のホットケーキ
味に香ばしさのようなものも少し感じられて、横に添えられているバターとクリームを乗せて食べると最高です。
珈琲館のホットケーキ
もちろんメープルシロップも付いているので、上からたっぷりと掛けて食べるのがおすすめです。
メープルシロップを染み染みにして食べるホットケーキは最高ですよね!

珈琲館のホットケーキは甘みもあって、色だけじゃなくて味も濃くて本当に美味しです。

これに合わせるのは、もちろんアイスコーヒーです。
珈琲館のアイスコーヒー
苦味もありますが、スッキリとしていて飲み心地のいい味になっています。
しかも、アイスコーヒーについているのが、通常のガムシロップではなくて、黒いガムシロップになっています。
アイスコーヒーのガムシロ
黒糖?のような濃い味で、ほんのり香ばしさのようなものも感じられます。
通常の透明なガムシロップもいいですが、やはりこの黒いガムシロップの方がコーヒーの味にコクが加わって美味しいです。

珈琲館で甘いものが食べたくなったら、このホットケーキとアイスコーヒーの組み合わせは鉄板ですね!

値段は2段重ねで620円、1枚だと480円です。
珈琲館のホットケーキメニュー
今どきのカフェのホットケーキだと一皿1,000円くらいすることもあるので、価格としてはお手頃です。

珈琲館のナポリタン

お次は、私が大好きなナポリタン。
珈琲館のナポリタンもめっちゃ美味しくて、食事目的で訪れた場合には、ぜひ食べていただきたい一品です。
珈琲館のナポリタン
サラダもセットになっています。
ナポリタンのセットのサラダ

ナポリタンの具材は、ピーマン、玉ねぎ、しめじ、ベーコン。
ピーマン、玉ねぎ、しめじは、さっと火を通した感じで、シャキシャキとした食感もあり、野菜の味もしっかりと残っています。

ベーコンからもいい旨味が出ています。

それに、麺は細めでしっかりとコシもあり、ソースともよく絡んでいます。
ソースは、恐らくケチャップではなくてトマトソースで作られていて、少し甘い味付けになっています。

昔ながらの王道の喫茶店ナポリタンというよりは、今どきのカフェで食べるナポリタンといった味です。

ナポリタンはとてもレベルの高い一品になっているので、珈琲館を見かけたら一度立ち寄ってみて下さい!

最後に

今回は、珈琲館のオリジナルホットケーキと王道ナポリタンの紹介です。

正直、ドトールやスタバなど比べると知名度も低いですし、その美味しさもあまり知られていないと思います。

ですが、もっと評価されていい喫茶店だと思います。
何気にレベルが高い喫茶店なので、珈琲館を見かけたら一度立ち寄ってみてください!

因みに、珈琲館はベローチェと同じグループのカフェで、C-Unitedという会社が運営しています。

また、珈琲館はWi-Fiと電源(コンセント)が完備している店舗も多いです。
私のようなノマドワーカーにとっても利用しやすいカフェになっています。

↓こちらの記事を「はてブ」して頂ける嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加